MENU

メイクと洗顔

 

メイクはクレンジングでまず落としますがそのあとの洗顔が重要になってきます。最近はクレンジングと洗顔が一緒になっているものなども販売されていますが、やはり別々になっているものを選び、しっかりとメイクを落としたうえで次に洗顔料を使って洗顔で汚れを落とすということが重要です。洗顔料とクレンジングは全く別のものです。同じだと思ってクレンジングだけで済ませてしまったり、メイク落としを使わずに洗顔料だけでメイクを取るというようなことのないように両方を使い分けてきちんと洗顔をするということがメイクのノリをよくすることにもつながります。メイクをクレンジングでしっかり落としてから洗顔料を使うようにしましょう。
洗顔をするときには必要以上に肌をこすってしまうと、肌に摩擦が出てそれがしみを引き出す要因になってしまうこともあります。シミの原因を引き起こすことのないようにするためには洗顔料をまずはネットなどを使ってよく泡立ててから使うことが大切ですし、その泡でよく洗顔するということが大切になってきます。自分に合った洗顔料をまず選ぶことも大切です。
自分に合わない洗顔料を使ってしまったために吹きでものが出てしまったり肌トラブルになるということもあります。乾燥肌にもつながりますから自分に合ったものを選ぶようにするのが一番の方法になります。
メイクを綺麗にするためには洗顔から実は丁寧に行わなければいけないということを覚えておきましょう。

メイクと化粧水

メイクの前にはスキンケアが大切ですが、化粧水は一番大切といってもいいと思います。肌に水分がないと、メイクをしても崩れてしまったり、しわができる元になります。洗顔をした後というのは肌の油分がとれていますから、肌は乾燥状態にあるといえます。ですからたっぷり目に化粧水をつけて水分補給をしたうえでメイクをしなければいけません。化粧水をつけるときに気をつけることとしては、手で化粧水をつけている人も多いと思いますが、手でつけると手に化粧水が吸収されますから、肌全体につけたいと思っている場合にはコットンにつけて使うといいと思います。
コットンに化粧水をつけてから顔全体にパッティングをしていきます。特に目の下や眼尻の部分、口元の端というのはよく動く場所ですからメイク崩れにつながりやすいので、この部分の水分補給は時間をかけて行います。
そしてTゾーンと呼ばれている皮脂の分泌が多いと言われている部分というのは、コットンの反対側を使って、メイクが崩れないように皮脂をふき取るようにしていくのがポイントだと思います。コットンでしっかりと水分補給をした後も手のひらで包んでうるおいを閉じ込めるようにすれば完璧です。
こうして化粧水をしっかりとメイクをする前に肌にしみこませておくことでその後のメイクの乗りが全然違いますし、メイクをしてそれがいかに崩れないのかということにつながります。せっかくメイクをしても昼には崩れていたのでは意味がありませんから化粧水のつけ方に気をつけましょう。

 

メイクと日焼け止め

 

日焼けというのは様々な肌トラブルを起こすといわれています。たとえばシミやしわの原因にもなりますし、肌の乾燥にもつながります。老化を早めるとも言われていますから、日焼け止めについてはしっかりとケアしていかなければいけません。メイクをする前に日焼け止めを塗るという場合には少し面倒に感じる人もいるかも知れません。しかし最近はUV効果があるようなメイクの下地クリームも販売されていますし、ファンデーションの中にもUV効果があり日焼け止めの役割を果たしているようなものなども販売されています。ですから、紫外線対策としてメイクの前に紫外線防止の成分が入っているものを塗るということを忘れないようにしましょう。
たくさんの量を一度に塗るのではなくて、少量を少しずつ重ねて塗っていった方が塗り残しなどもないのでいいと思います。顔に塗るというとどうしても頬やおでこなどには丁寧に塗るという人も多いのですが実際には、鼻、頬などの少し高くなっている部分が一番焼けやすい部分でもありますから、この部分に丁寧に日焼け止めを塗っておく必要があります。
日焼け止めというのはメイクと同じで汗で落ちますし、皮脂でも落ちやすくなっているので、紫外線によく当たるというような場合には何度も塗り直すといいと思います。
また紫外線を予防するためにメイクをしっかりとしていたとしても目から紫外線は体の中に入りますので、サングラスなども掛けて日常生活でケアしていきましょう。